JVIIL International Investment

マカオ及びマニラのカジノゲストサービス。カジノ売買案件の紹介をしています

  • ベトナム - Vietnam

済事情

発展性

1986年のドイ・モイ政策施行後、試行錯誤を経て成長カーブに乗り発展してきたベトナム経済は今なお世界中から熱い視線が注がれています。

特に日本はベトナム最大のODA援助国であり、投資の面でも第1位となっています。
2012年ベトナムへの直接投資の総額の実に3分の1以上が日本からの投資でした。

これはベトナム経済が今後ますます発展していくのを日本企業の皆様が肌で感じているからに他ならないと考えます。

事実、発展性の項目でも触れましたが2006年以前の10年間のGDPの平均成長率は7.2%、2007年以降も6.5%前後を行き来しています。

リーマンショック等の世界同時不況の際もその成長は続き、その後も上記のように好調に推移しています。

その中にあって国民の購買力も年々増加し、流通最大手のイオングループは2020年までにベトナム全土に20店舗を展開する計画も発表しています。

また、当社のメインビジネスであるカジノ業界においても2013年にザ・グランド・ホーチャム・ストリップが開業するなど、今後ますます魅力的な国になるのは間違いありません。

当社は首都ハノイ、商業都市ホーチミン、観光都市ダナンの三都市に拠点を置き日々裏に隠れた本物の情報を元に、ベトナム進出を目論む独立・中小零細企業様のお手伝いをさせて頂いております。お問い合わせはお気軽にどうぞ。